胃もたれ沢 吐瀉夫の日常

ソシャゲプロデューサーが好きなものや、日々のあれこれを書いたり、なんかこう…アレします。

映画「猿の惑星: 聖戦記(グレートウォー)」ざっくりレビュー

お題「最近見た映画」

 

どうも吐瀉夫です。

秋ですね。

 

秋と言えば

 

食欲の秋

 

お題「芸術の秋」

 

はい!見に行ってきました!

猿の惑星: 聖戦記(さるのわくせい: グレート・ウォー)

f:id:tosakax:20171015110058j:plain

ここ最近、あんまり映画とか見てなかったし、

せっかくの休日なのに仕事ばっかりだったから

夜の作業が終わり次第、徒歩15分ほどの映画館へ。

f:id:tosakax:20171015110216j:plain

雨ですし、夜ですし、人がいつもより少なくて良い感じ。

もちろんポップコーンは完備!

f:id:tosakax:20171015110322j:plain

※塩&キャラメルは最高です

 

さて、映画「猿の惑星: 聖戦記」について。

そもそも有名な映画”猿の惑星”シリーズはかなりの作品があります。
※なるべく詳細は書いてないつもりですが以下ネタバレ注意です
 

◆オリジナル猿の惑星シリーズ

猿の惑星』1968年
『続・猿の惑星』1970年
『新・猿の惑星』1971年
猿の惑星・征服』1972年
『最後の猿の惑星』1973年

f:id:tosakax:20171015112234p:plain

猿に支配された惑星に不時着した宇宙飛行士(地球人)が
その星が地球だと知り、奴隷化した人類を救おうとする物語です(ざっくり)

全作見たんですが10年くらい前なので記憶がちょっと抜けてるかも(笑)
そもそも映画がとても古いです。でも結構面白かった記憶。

TVシリーズも制作されたそうですが、そちらは未見です。

 

そして、2000年代になり
ティム・バートン監督、マーク・ウォルバーグ主演
有名になった
PLANET OF THE APES/猿の惑星

f:id:tosakax:20171015112326p:plain

こちらは、リメイクでもリブートでもなくリ・イマジネーション作品とのことです
オリジナルシリーズの基本設定を踏襲した以外は全く異なる作品となっています。

まぁ、単発で終わったリメイク作品だと思って良いかと(笑)

僕もマーク・ウォルバーグ好きだったし、
これは見たんですが正直あまり覚えてないです()

 

オリジナルシリーズは古い作品ながらも斬新な設定や、
不思議な緊張感を持たせる作品で印象深いです。


そして、今回の聖戦記を含めた新シリーズ

◆リブート猿の惑星シリーズ

猿の惑星: 創世記』2011年
猿の惑星: 新世紀』2014年

猿の惑星: 聖戦記』2017年

こちらはリブートとは言っても、オリジナル猿の惑星シリーズにいたる
猿の進化、人間の衰退を描いたシリーズです。

主人公である人語を話す猿「シーザー」が
人間と猿という種族の間での葛藤を通して

種族を超えた愛、家族の愛、同族との軋轢などを描いた作品です。

個人的にはこういう、映画を見た後に
自分の人生に何かを持ち帰らせてくれる作品はとても好きです。


映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』予告編

このシリーズはCGにより描かれたリアルな猿と、
人間性の高いシーザーの感情が表情から読み取れる効果がとても高く、
本当に感情移入してしまうシリーズです。

特に猿の惑星: 創世記』から見てると、人と共に生きていられたら…と
幼きシーザーを見てると、そう思わざるを得ません。


正直、そういう意味で一番辛いのが猿の惑星: 創世記』のかもしれません。
猿の惑星: 新世紀』では猿を率いて、人間との共存を模索していたのもあり、
シーザーも守るものがあり、その立場に強く葛藤している作品となりますが、
猿の惑星: 創世記』では人間に裏切られ続けるシーザーが可哀そうでなりません。
f:id:tosakax:20171015114940p:plain
人に育てられ、人に愛され、人を愛したシーザー…

今回の最新作『猿の惑星: 聖戦記』で、シーザーの物語は一区切りとなるのですが
オリジナルシリーズにつながる人物の名前が偶然なのか、
シーザー、コーネリアス(シーザーの息子)、ノヴァ(人間の女の子)
と出てきており、さらなる続編の制作も噂されている次のシリーズへの伏線となるやもしれません。

ただただ僕が今回の映画で感じたのは

種に囚われることのない広い愛の素晴らしさ

家族・仲間への愛はどんな苦難をも乗り越える力になり得るんだなと。

ルカ、シーザー、ノヴァ、モーリス、ロケット、ウィル
はこのシリーズの大好きなキャラクターです。
なるべく詳細を語らないように書いたつもりですが、本当に素晴らしい映画なのでぜひ見てほしいです。

ちなみ猿の惑星シリーズを劇場で見たのは今回が初めてでした(笑)

では最後に一枚、ノヴァたんの天使過ぎる一枚でお別れです。

f:id:tosakax:20171015114358p:plain